西川麻実(ニシカワアサミ)もしくはassamという名で、LGBTのパートナーシップ支援や若者支援を念頭にゆる〜く活動しております。

 

2010年にお互い子連れで彼女と都内ホテルにて「同性挙式」しました。

 

結婚式の話題が彼女との間に出た時は、大々的にふたりの関係を周囲に披露するわけでもないのに結婚式をする意義が分からず悩んだのですが、挙げてみたら腑に落ち、LGBTの「結婚式」が意義深いものなのでは?と感じ始めました。

 

2011年より【LGBTも「結婚式」したい】交流会という、挙げた方・興味ある方・ブライダル関係の方・LGBT支援者の方の情報共有や交流を深めるためのイベントを不定期に行っています。

(前回は2014年11月16日(日)に開催いたしました)

 

多くの方々と交流している間に情報も少しずつたまり、LGBTの「結婚式」においての課題や求められるサービスがある程度は見えてきました。

LGBTマーケットに注目されるブライダル業界の方々からのご相談も承りますので、興味を持たれましたら下記メールフォームにてご連絡ください。

 

メモ: * は入力必須項目です

 

レインボーで行こう〜Rainbow de equal〜

活動概要

 

2012年、change.org(非常にLGBTにフレンドリーです)という署名サイトが日本に入ってきたことをきっかけに、何かひとつやってみようかな、という気になり、数人のメンバーとレインボーで行こう!〜Rainbow de equal〜を立ち上げました。

 

2013年 10月・11月:

“同性婚などの可能性について語るワークショップ”を2回セットで行いました。

 

今日、アメリカが同性婚支持に大きく転換する中で日本でも報道が増え、同性間のパートナーシップに注目が集まっています。

そんな中で、「同性婚などの法的保障の実現に向けて私も何かをしたい」という機運の高まりを肌で感じます。

法的保障を求める1人1人がその思いを口にし、他者の考えに触れて自分の考えを深めることで新たに力を得て、今後のアクションにつなげていけるような会にしたい、という思いで実施いたしました。

 

東小雪さんの司会、上川あやさんのお話で、学び考えることが多かった、というお声を沢山頂きました。

 両日ともおかげさまで満員で開催することができました。

 

HP更新のお知らせやイベントやアクションのお誘いのご案内をいたしますので、是非メーリングリストにご登録ください。

一緒にレインボーで行きましょう!

同性婚などの法制化に興味がある方は、上記申し込みフォームからお名前とメールを送ってほしいアドレスをご登録ください。(イベントで登録済みの方は不要です)

 

メーリングリストご登録やご質問は上記メールフォームまで↑

2012年 秋:

都知事選の時期に重なっていたこともあって、「全ての都知事候補者の方々へ: 「セクシュアル・マイノリティの人権擁護」を公約に入れてください!」というキャンペーン(署名)を立ち上げました。

 

結局、前副都知事の猪瀬氏が都知事として選出されましたので、署名や署名者の声、それから具体的な提案を持って、都知事の秘書の方と、その後、都庁の人権部の方と対話に行きました。

 

実際、今の東京都のセクシュアルマイノリティの人権問題についての取り組みはどうなのかというと、東京都人権施策推進指針によると、「その他の人権問題」のひとつとして、「性同一性障害のある人々などに対する偏見があり、嫌がらせや侮べつ的な 言動、雇用面における制限や差別、性の区分を前提にした社会生活上の制約 などの問題があります。また、近年、同性愛者をめぐって、さまざまな問題が提起されています。」とさらりと書かれています。

これが次回の見直しの時期に独立項目となることが、一つの目標ではないかと思っています。